おすすめ就職エージェント9選を比較してみた【評判まとめ】

 

[COVID-19] 新型コロナウイルスの影響で、就活エージェント利用においても対面での面談予約が少なくなっている、もしくは無くなっている場合がございます。
また状況に応じて各社の対応も変化するため、詳しくは各エージェント会社へお問い合わせください。
このような状況下での就活はさぞ大変だと思います。くれぐれも無理のないよう、また安全第一で進めてください。(2020/12/24 追記)

 
新卒の就職活動で利用者が増加している、就職エージェント
その数は年々増え続けており、今や「就職エージェント大戦国時代」といった状態で、
結局どれがいいんだ・・・と迷ってしまいますよね。
 
 
そこで本記事では、数ある就職エージェントについて、
各社の特徴や良いところ、悪いところ、評判などを徹底比較します。
 
 
筆者はつい最近まで就活をしていた皆さんよりも少し上の先輩で、新卒活動時にはエージェントを駆使して外資系企業や金融、ITなどから内定を得た経験があるため、
記事の信頼性はある程度担保されているかと思います。
現役就活生と同じ目線を持ちながら、就活生の皆さんが納得感を持って就活をしていただけるようなコンテンツを夜な夜な発信しておりますので、参考にしていただけると幸いです。
 
 
本記事についても信頼に足る内容になるよう、日夜徹底的にリサーチを重ねて書いたまとめですので、
比較検討していただき、自分に合った就職エージェントを見つけてください。
 
 
まずは就活エージェントのおすすめをする前に、就活エージェント利用のメリット・デメリットについてお伝えします。
自分にあったエージェント選びをする前に、就活エージェントでできること・できないことを理解し、
「ここはエージェントにやってもらおう」「ここはエージェントでは不安なので自分でやろう」
という風に、どこまで就活エージェントに任せるかを考えておきましょう。
 
 
そのうえで、具体的に各社について検討してみてください。
 
 
↓ 早速ランキングに飛ぶ
 
 

Ads
目次

就職エージェントのメリット・デメリット

 
就職エージェントで面接の様子
 
就職エージェントとはどのようなサービスか、またそのメリット・デメリットはどのようなものがあるか、深堀りしていきます。
 

就職エージェントとは

 
就職エージェントサービスとは、
「就活生に対して企業の求人を紹介して、内定に繋がった場合、紹介先企業から手数料を貰う人材斡旋サービス」
です。
就職エージェントは世の新卒採用をしている企業と提携をしています。
そして、エージェントのもとに来た就活生の希望を詳しく聞き出し、その希望にあった求人を就活生に紹介します。
 
就活生が紹介求人への応募を希望した場合、選考に進んでいきます。
エージェントは、学生が内定に繋がった場合にのみ企業から紹介料を貰える仕組みなので、内定獲得まで就活生をサポートします。
 
サポート体制はエージェントによって様々で、電話やメッセージでやりとりをする場合もあれば、実際に面談に行って自己分析を深堀りしたり面談の練習を行ったりします。
 

就職エージェントのメリット

 
メリットは以下の通りです。
 

企業選びに新しい視点が手に入る

 
自分で企業を探していると、自分フィルターがかかってしまいます。
就活エージェントに相談しつつ紹介してもらうと、自分では見つけられないような企業が候補にあがり、新しい見方ができるようになります。
 
また、新しい見方だけでなく、「プロのエージェントにより優良企業をオススメしてもらう」という選択肢があるとないとでは、精神的な安定感が違います。
 

圧倒的な時間短縮になる

 
本来、就職活動は一人で行うものです。
しかし情報量が爆発している今、 すべての情報を自分で精査するのは物理的に難しいでしょう。
 
多忙の中行う就活は、どうしても焦りが生まれたり、誤った判断に繋がりかねません。
焦ってはいけないものの、かなりのスピード勝負になるので、就職活動を自分で1から10まで行うというのはあまり現実的ではありません。
エージェントに相談しながら進めることで、プロの手を借りながら効率的に就活を進められます。
 
エージェントサービスを使うと、企業とエージェントが直接やり取りをして選考を進めてくれるので、場合によっては最短1週間などのスパンで内々定獲得可能です。(※個人差はもちろんあります)
 
時間のない就活生でもスムーズに選考を進められるよう、エージェント側がスピーディーに選考を進めてくれます。
 

経験を積んだプロの就活ノウハウを得られる

 
正直、これが一番大きいと思います。
 
時間が無い中で、就活市場の知識と経験が豊富なエージェントと相談しながら就活を進められるというのは、情報量的にもライバルに優位に立つことができます。また、精神的にも安心です。
 
自己分析から面接対策まで個別に対応してくれるだけでなく、応募企業に応じたアドバイスもしてくれます。
 

一人では知りえない情報が得られる

 
自分の体験談にはなりますが、私は理系出身で周囲に学部卒でのいわゆる文系就職をしている人間が少なかったこともあり、就職活動に関してかなり情弱でした。
 
そこで私は3社のエージェントを利用し専属のエージェントに相談しながら就活を進めることにしましたが、これがかなり功を奏したのです。
 
担当してくださった方がとんでもなく優秀だった可能性はありますが、自分一人では知りえなかった企業だけではなく、就活する上で自分の知らなかった考え方やマインドを教えてもらい、エージェント経由で複数の内定を獲得できました。
 

選考が進みやすい

 
「エージェントを通すと、選考で有利になったりするのか」
というところは気になるところだと思います。
私は「有利になる」と考えられます。
理由は、企業側の安心感です。
 
企業側は、通常ルートの学生の何百、何千、何万という応募から選考を重ねて内定を出します。
そのため、「面接で嘘をつくような信用に値しない学生」や「いざ1次面接をしたらとんでもない人間だった」といった人をなるべく書類の段階で落としたいわけです。
特に、若手社員の離職率が高まっている昨今、採用活動には慎重になっています。
 
企業側が契約している就職エージェントからの紹介となれば、ある程度の信頼性が担保されており、企業側としては書類選考を通しやすくなります。
 

少ないステップで内定可能

 
グループディスカッションの免除など、一部の選考をスキップできる場合が多いです。
これも、上記におけるエージェントからの紹介により信頼性が担保されているからです。
 
私の経験談で恐縮ですが、私もエージェントを介したおかげでいくつものグループディスカッションを免除されました。
(グルディスが苦手だった私にはラッキーでした)
 

これらがすべて無料であること

 
これらの求人紹介サービスはすべて無料です。
 
学生からはお金を取らない仕組みです。
怪しい就活塾に何万円も支払うなら、こういうサービスを本気で活用する方がよっぽど有益です。
 
なぜ無料かというと、上記でも説明した通り、就職エージェントは内定をもらう企業から仲介料をもらっているからです。
 
就職エージェントは、ミスマッチの無いように学生に企業の求人を斡旋し、
見事内定に結びついたら、その対価として企業から仲介料が支払われます。
 
したがって、エージェントは内定獲得のために必死になってくれるのです。
 

就職エージェントのデメリット

 
以下では就職エージェント利用のデメリットをお伝えします。
 

地方組は使いづらい/使えない場合もある

 
また多くの就職エージェントは、エリア就職に対応していません。
また、地方では展開していないところも多いです。
 
面談を行う事務所があるのが、大抵関東と関西ですので、地方組の方は東京や大阪に来た時に利用したりするのが一般的なようです。
 

特定の企業の求人があるとは限らない

 
自分の行きたい企業に対して推薦してくれるわけではありません。
あくまで、エージェントが取り扱っている求人の中から選ぶことになります。
 
特定の企業、例えば「絶対にメーカーの〇〇に行きたい」という人にとっては、エージェントが〇〇の求人を扱っていない場合が往々にしてあり、すこしがっかりなサービスかもしれません。
 
しかし、「〇〇への選考は自分一人で進め、プランBとしてエージェント経由で類似企業を受けてみる」というような使い方もできるため、上記のような方にとっても一概に不便なサービスというわけではありません。
 

エージェントに当たりはずれがある

 
エージェントサービスは当然人間がやっているので、自分についたエージェントに当たりはずれがあったり、性格的な相性が合わない場合もあるでしょう。
そういった場合は、勇気をもって担当者のチェンジをお願いしてみたり、エージェント会社を変えてみてください。
私も3社利用していましたが、「A社のこの人はここが適当だな」「でもB社のあの人にはない考えを教えてもらえたな」といった具合に、自己分析や面接対策などでは良いところ取捨選択し、参考にするのが良いです。
 

 

就職エージェント9社を徹底比較

 
以下では、9社のエージェントそれぞれに関して、サービス内容や評判、口コミ、良いところや悪いところなど詳細をまとめてあります
 
 
比較対象
 

 
キャリアパーク/jobspring/キャリアチケット/アデコ/digmee/リクナビ就職エージェント/アカリク/Goodfind
 

 
 

キャリアチケット就職エージェント

キャリアチケットホームページ

 

キャリアチケット

 
キャリアチケット就職エージェントは、とにかく個別サポートが手厚く、自己分析からES・面接対策まで幅広く見てくれる。
なかなか一人では出来ない面接対策も、何度でも対応OK。(私が利用した際のエージェントさんはとても優しく親身になってくれたので、個人的にオススメです)
加えて、キャリアチケットのエージェントが企業側に独自に取材を行い、厳選した優良企業のみを紹介しているため、基本的にブラック企業の紹介はない。
 

キャリアチケットのここがおすすめ!

 

Good Point

  • 最短2週間で内定獲得
  • 1,000件以上の非公開求人を保有
  • エージェントが取材して厳選した優良企業のみを紹介(ブラック企業は紹介されない)
  •  

    口コミ:紹介企業の質もエージェントの質も高く、高評価が並ぶ

     

    キャリアチケットめっちゃ良かった!ジョブコミットみたいにゴリゴリ説明会の予約入れてこないし。
    初めてここに入りたい!って会社に出会えて感動してる😢

    また、悪い点・口コミはあまりありませんでしたが、強いて言えば以下の点です。
     

    Bad Point

  • エージェントとの面談場所が限られている
  • とはいえ、今なら福岡、仙台、名古屋、京都でも面談開催中なので、面談場所の制限もそこまであるわけではありません。
     
    ちなみにですが、エージェント登録すると就活のノウハウがたっぷり載っている就活ノートがゲットできます。
     

     
    エージェントとの面談場所や詳しい内容については、以下の記事で別途まとめています。

     
     

    リクナビ就職エージェント

    リクナビ就職エージェント

    リクナビ就職エージェント:大手から中小まで幅広く対応!ただし・・・

     
    リクルートが提供するエージェントサービス。大手だけあって、求人の数やバラエティは他のエージェントと比べて豊富である。
    求人数が多く規模が大きいところは大きなメリットですが、一方デメリットもあります。
     

    リクナビ就職エージェントのここがおすすめ!

     
    就職支援企業としては業界最大手なので、安心感がある。
    また求人数が多く、多くの企業がリクナビ就職エージェントを使っているようです。
     

    Good Point

  • 求人数の多さ
  • 大手の安心感
  • システムがしっかりしている
  •  
    しかし、悪いところは、エージェントや紹介企業が多い分、当たりはずれが多いという点です。
    口コミを見ると、
    「希望に全くそぐわない企業ばかり紹介される」
    「良い企業があって応募したら、もう締め切ってしまったと言われた」
    「紹介企業を調べたらブラックだった」
    など、規模の大きいエージェントならではのデメリットがあります。
    また、中堅エージェントに比べて対応が機械的であるという声もあります。
     

    Bad Point

  • エージェントや紹介企業が多いため、ハズレも多い
  • ブラック企業を紹介される可能性がある
  • 他のエージェントよりも規模が大きい分、求人やエージェントの質のムラがあるため、
    リクナビのような最大手エージェントを利用しつつ、他の中堅エージェントと併用するのがいいようです。
     
     

     
     

    キャリアパーク就職エージェント

    キャリアパーク
     

    キャリアパーク:安定のエージェント、充実の選考対策

     
    1つ目は、キャリアパーク就職エージェントです。
    年間1,000名以上の学生を内定に導く経験豊富なスタッフにより、充実した選考対策が受けられる。
    また、数ある企業から厳選した数百社の優良企業について、個別サポートが受けられる。
     

    キャリアパーク就職エージェントのここがおすすめ!

     

    Good Point

  • 最短1週間で内定獲得
  • 大手・一部上場・急成長ベンチャーなど幅広い種類の優良企業を取り扱う
  • 自己分析・ES・面接・グループディスカッションなどの選考対策が充実
  • 口コミ:地方組は利用しにくい・メールが多め

     
    地方組は参加しづらいという声があがっていました。
     

    キャリアパークから面接2回とかいきなり最終選考の案内メール届くけどどれも関東関西地方。北海道無し。地方民はやっぱチャンスが限られてますな😢

    口コミサイトを見るに、評判は良いのですが、キャリアパーク就活エージェントは配信メールが多いという声が多いようです。
    また希望していた求人が無かったという声もありましたが、早めにエージェント利用すれば当然良い企業も残っていますので、早めの登録が吉ですね。
     

    Bad Point

  • 関東の利用に限られる
  • メール配信が若干多め
  • たしかにメールは多いですが、裏を返せば就活情報がたくさん手に入るということ。
    またエージェントにももちろん当たりはずれはありますが、多くのエージェントはノウハウが豊富で質が高く、比較的安心して任せられる印象です。
     

     

     
     

    jobspring就職エージェント

    jobsprign
     

    Jobspring就職エージェント:学生と親身に向き合う、アットホーム型

     
    Jobspring就職エージェントは、求人数およそ1,000件を誇る大型中堅エージェントであり、また就活エージェントは手厚いサポートにより「学生に本当に合う企業」を厳選するため内定率が高く、その後の離職率が低い。
     

    Jobspring就職エージェントのここがおすすめ!

     

    Good Point

  • Good Point
  • 求人数が約1,000件
  • 就職エージェントのサポートが手厚いため、内定率の高く、離職率が低い
  •  

    口コミ:親身なサポートが多いと高評価多数

    担当の方のとにかく親身なサポートが今でも印象的です。私の就職成功の最大の鍵は就活生だったときにジョブスプリングで働く素敵な社会人を目の当たりにできたことです。本当に感謝をしています。(城西国際大学)
     引用元:Jobspring

    おかげ様で自分がやりたいことを見つけ、楽しむことを忘れずに思いっきり仕事に打ち込むことができています。これから結果を出すことで担当してくださった方に恩返しをしていきたいと思います。(早稲田大学)
     引用元:Jobspring

     
    また、悪いところはエージェント利用可能地域が関東に限られるという点ですね。
     

    Bad Point

  • 面談は東京のみ
  • 紹介企業が関東が中心
  •  
    ちなみに、登録後すぐに03から始まる電話番号から連絡があるそうです。
     

     
     

    Spring就活エージェント(アデコ)

    Spring就活エージェント

    Spring就活エージェント:外資に強いもののサービスが物足りない

     

    Spring就活エージェントのここがおすすめ!

     
    転職サービスをメインとしていたアデコが開始した、新卒就活生向けのサービス。
    外資に強く、外資の求人は他社に比べて選択肢が多いだろう。ただ、他のエージェントと同様、面談後に個別の相談やESの添削なども行ってくれるものの、求人種類が偏りがち(外資多め)であるのと、全体的に求人数がまだ少なく、希望する求人をなかなか紹介してくれないという声がいくつかあった。
     

    Good Point

  • 外資に強い
  • Uターン就活やIターン就活に強い
  •  

    口コミ:物足りたい、不満足だったという声がちらほら

    また、悪いところは、エージェントサービスとしてまだ若いという点。
     

    Bad Point

  • エージェントサービス開始から間もないため、求人数が少ない
  • 一部、スタッフの対応が悪いという口コミあり
  • 外資に目が無いという人は、相談に行くといいかもしれません。
     
     

     
     

    digmee就職エージェント

     
    digmee

    digmee就職エージェント:時代はSNS就活!LINEからコンタクトがとれる革新的サービス

     
    LINEでエージェントとコンタクトを取ったり、就活情報を受け取ったりできる人気急上昇中の新しいサービス。
    LINEなので登録は簡単に出来る上、セミナーなども積極的に開催している。
     

    digmee就職エージェントのここがおすすめ!

     
    digmeeは、LINEを使ってスキマ時間に就活ができる新感覚のエージェントサービス。
    LINEから選考に申し込んだり、選考会情報などをLINEで受け取ることが出来る。
    またLINEだけでなく、グループディスカッションのセミナーや説明会にも力を入れており、本番前の練習の場として使うことも可。
     

    Good Point

  • LINEで手軽に就活できる
  • 選考スキップパスで、一部選考を免除できる
  • グルディスのセミナーなどで練習・イメトレができる
  • 口コミ:

     

    digmeeは、LINEでその人に合った企業の情報を配信してくれるので、就活を効率化してくれると思います。実際に、 digmeeがおすすめしてくれたうちの1社に就職することを決めました。
    (引用元)digmee公式

     
    悪いところはLINEの性質上、プライベートと就職活動を混同したくない人には向かないかもしれません。
    また、通常のエージェントサービスとは違い、基本的に対面の面談はありません。
     

    Bad Point

  • LINEで就活のお知らせが来る
  • エージェントとの対面の面談がない
  • 登録していくと、選考スキップパスという特別選考ルートへの招待状が貰え、それがなかなか便利なうえ、モチベーション向上にも良いようです。
     

     

    アカリク就活サポート

    アカリク

    アカリク就活サポート:大学院生に特化したサービス

     
    利用ターゲット層が大学院生という珍しいサービス。
    学部卒よりも就活情報が少ない院生が、情報収集に使っている。
     

    アカリク就活サポートのここがおすすめ!

     
    主に大学院生のための就活サイト。大学院生やポスドクを対象とした他にはないイベントが充実している。
     

    Good Point

  • 多くの理系大学院生が登録しており、高い専門性を生かせるような求人多数
  • 就活サポートでは非公開求人有り
  •  

    口コミ:院生は情報が少ないので情報収集に便利だが、場所は都内のみ

     
    悪いところは、イベントの予約枠が非常に少なく完全予約制で、比較的クローズドな印象。
    サービスがかなり少人数制であり、エージェントとの面談は渋谷でしかできない
     

    Bad Point

  • イベントやセミナーが超少数人向け
  • キャリアコンサルタントが渋谷本社にしかいないので、エージェントと面談をするなら渋谷に来る必要あり
  • 大学院生で回りに情報網が少ないという方は、情報収集にイベント参加などしてみてはいかがでしょうか。
     

     
     

    Goodfind就職エージェント

    Goodfind

    Goodfind就職エージェント:ベンチャー志望者向けの新サービス

     
    紹介企業は、社員数十名のベンチャーからメガベンチャーまで幅広くカバー。
    またコンサルなども扱っており、ハイレベル求人もあるため、利用者を選ぶ一面も。
     

    Goodfind就職エージェントのここがおすすめ!

     
    ベンチャー・コンサル等の、ハイレベル選考の対策を得意とする。また主に関東・関西の都市部で、セミナーや相談会を開催しており、特別選考ルートの案内もある。
     

    Good Point

  • ベンチャー企業とのコネクションが多い。メガベンチャーも多数。
  • セミナーなどの開催に参加可能
  • また、悪いところは、サービスがかなり少人数制であるという点と、面談が渋谷でしかできないという点です。
     

    Bad Point

  • ベンチャーが圧倒的に多く、ベンチャー志望以外の人にはあまり適さない
  • 高学歴層とのマッチングを重視しているため、一部の大学生は冷遇されたという声有り
  • エージェントサービスではなく、インターンを探すために登録する人もいるようです。
     
     

     
     

    就職エージェントneo

    就職エージェントneo

    就職エージェントneo:元祖エージェント!今もなお規模が大きく紹介企業も多い

     
    就職エージェントneoは、就活生用のエージェントビジネスが始まったときからある、古株エージェントであり、
    今もなお蓄積されたノウハウで多くの就活生に利用されている。
     

    就職エージェントneoのここがおすすめ!

     
    大手らしく、幅広い業界をカバー。
    対象は主に文系学生だったが、最近は理系や体育会系などにも特化し始めています。
     

    Good Point

  • 紹介数多数、人材業界のノウハウあり
  •  
    しかし実際にネットの口コミを見ると、良い評判よりも悪い評判が目に付きます。
     

    Bad Point

  • 業務多忙か、エージェントの連絡が遅い、返信が来ないなどの声多数
  • かなりエージェントにより差がある模様
  • 私はこのエージェントを使ったことはないのですが、評判を見る限りあまりおすすめできません。
    とりあえず行ってみよう、という方はここで肩慣らしをして、また別のエージェントで本命を見つける手もあります。
     
     

     
     
     

    まとめ

     
    簡単に表にまとめました。比較検討にお役立てください。
     
    ※S:最高評価 A:最低評価
     

    求人の質 求人数 面談の質 選考対策 スピード
    キャリアパーク B A S S S
    jobspring B A S S A
    キャリアチケット A S S A S
    アデコ B A S S A
    リクナビ就職エージェント S B~S B A B
    digmee B S A S A
    アカリク B S B B A
    Goodfind B S A B A
    就職エージェントneo S B~A B B A

     
     
    たくさんご紹介しましたが、「いっぱいあって悩ましい」という方は、
    ES添削や個別面談などのエージェントサービスが充実していて、かつ一番マイナスポイントのなかったキャリアチケットへの登録をおすすめします。
     
     
    また、就職エージェント利用者の中には、「紹介企業数やネームバリューよりも、自分にあった企業や、自分のやりたいことを引き出してくれるようなエージェントの方がいい」というような声が多数ありました。
     
     
    人気企業はナビサイト上で簡単に見つかります。
    しかし、人気企業に行くことが就活のゴールではありません。
     
     
    ネームバリューや年収、肩書きだけで企業を選ぶと、確実に落とし穴があります。
    それを回避できるような、
     
    「良質な求人を良質なエージェントが選んでくれて、なおかつマンツーマンの選考対策が充実しているサービス」
     
    として3社ピックアップさせていただきました。
     
    参考になれば幸いです。
     

     
     

     

     

    この記事を書いた人
    myportfolio
    Yoshiro K

     

    • 経歴:早稲田大学卒業
    • 活動:就活アドバイザー・プログラマー
    • 自分が学んだ経験、また後悔を、次世代に伝えます。
      就活に役立つ情報や悩みを解消できる記事を書いておりますので、
      是非他の記事もご覧ください。
      どこにもない参考書